現状復帰の依頼先探しの手引き【信頼性を考慮して業者を選ぶ】

最新記事一覧

賃貸物件を退出する際

リフォーム

気をつける事

賃貸物件を退出する際に必ず避けては通れないフレーズは原状回復、原状復帰という言葉です。これは退出する際には入居時と同じ状態に戻して大家や家主に返す事を言います。入居時と同じ状態という意味を指しますので、原状という字をあてはめますので、現状復帰とは言いません。現状復帰となれば現在の状態に戻す事になり、賃貸物件上では意味をなしません。よってこの現状復帰は原状復帰という言葉が間違って現状復帰となってしまっています。原状復帰については入居時に支払った敷金から相殺されるのが一般的で、敷金で収まらない場合や敷金を入居時に不要としている物件であれば、実費で清算をする必要があります。ここで気をつける点としては原状には経過年数による物件や建物の劣化を加味するという点です。この点でのトラブルが多かった為に国土交通省がガイドラインを制定し、そのガイドラインにそった対応が増えてきています。しかしあくまでもガイドラインなので法的拘束力はないので、家主と借主との間で賃貸契約で定められている原状復帰の要綱を満たす事がある点も、しっかり理解をしておく必要があります。つまりまずは賃貸契約にどのような記載があるのかは入居時には確認が必要です。また通常使用であれば経過年数による劣化とみなされますが、たばこなどで床に穴をあけてしまった、ヤニで壁が黄ばんでしまったので張替えや補修が必要等の場合は原状復帰をする必要がありますので、この違いも十分理解をして入居をする必要があります。

Copyright© 2018 現状復帰の依頼先探しの手引き【信頼性を考慮して業者を選ぶ】 All Rights Reserved.