現状復帰の依頼先探しの手引き【信頼性を考慮して業者を選ぶ】

最新記事一覧

元に戻してから退去

作業員

工事の特徴

現状復帰とは、不動産の賃貸において、退去時に元の状態に戻すことをさします。入居後に運び入れた設備や家具、家電などをすべて運び出し、設備に変更を加えた場合はそれらも撤去するのが原則です。エアコンの設置など、物件の価値を高めるような設備であったとしても、基本としては撤去することになります。ですが大家や不動産会社との交渉次第では撤去を免除されることもあります。現状復帰は、居住用の物件でも事業用の物件でも必要なことです。居住用の物件よりも、事業用の物件の方が規模が大きいため、現状復帰に関する費用も高額になりがちです。事業用物件の現状復帰工事は貸し主の指定業者で行わねばならないことも多くなっています。そのため、内訳が不明な高額費用がかかりがちになっています。なぜ貸し主指定の業者である必要があるのかというと、貸し主としては確実に現状復帰を行った上で返してもらいたいためです。退去時などは立ち会いをして、きちんと現状復帰されているか確認するのが通常ですが、高額な費用を避けたいがあまり手抜きする業者に現状復帰工事を行われるおそれもあります。ぱっと見にわかりにくいところで手抜きをされると貸し主は見抜くことができず、次回の貸し出しの際に影響がでてきます。そうでなくても求めるレベルと業者の行う工事レベルが違うこともあり得ます。そのような事態を避けるために指定業者となっていることが多いのです。ただ指定業者だと非常に高額であり、本来負担しなくてもよい部分まで負担させられることもあります。適正額か診断してくれる業者もあるのでそうした業者に依頼するのも手でしょう。

Copyright© 2018 現状復帰の依頼先探しの手引き【信頼性を考慮して業者を選ぶ】 All Rights Reserved.