現状復帰の依頼【簡単に手続きができちゃう】

最新記事一覧

退去時の物件クリーニング

部屋

どのような業者を選ぶのか

賃貸物件には、退去時の現状復帰というのがあります。現状復帰は原状復帰、あるいは原状回復ともいい、要は部屋を、入居時の状態にできるだけ近づけるようにすることです。この現状復帰には、いくつかの例外があります。たとえば入居者のミスでない破損、壁紙や畳、カーペットの変色などは現状復帰の対象にはなりません。また家具を置いていたりして、床板がややへこんだなどというのも対象からは外されます。このような場合は、大家さんが自分で現状復帰を行うことになります。しかし何年も入居していた部屋は、自分でやるには限度があります。そのため、業者を利用するのがお勧めです。特に最近では、専門業者もかなりいますし、また現状復帰のみならず、退去時の鍵の引き渡しの立会いとか、新しい人の入居後の修理なども手掛けてくれる業者もいます。特に築後何十年も経っている物件であれば、単にクリーニングをするだけではなく、リフォーム、あるいはリノベーションをする必要も出て来ます。リフォームは、新築の状態に戻すことを意味しますが、リノベーションは部屋そのものを大幅にアレンジし、機能をアップさせたり、あるいは間取りを変更したりすることも意味します。そのため物件によっては単なる現状復帰でなく、リノベーションを行った方が、入居者がより多くなることもあります。そのような場合に備えて、特に空室対策を考えている大家さんは、クリーニングに加えて、リノベーションも行ってくれる業者に相談した方がいいでしょう。

Copyright© 2018 現状復帰の依頼【簡単に手続きができちゃう】 All Rights Reserved.