現状復帰の依頼先探しの手引き【信頼性を考慮して業者を選ぶ】

最新記事一覧

室内

賃貸経営に欠かせない工事

入居者が退去した後は、オフィスやアパートの壁紙を張り替えるなど、現状復帰工事に速やかに着手することが重要です。室内の快適性を高めるための工事はオーナーにも評判であり、一括見積を利用すると、質の高い業者のサービスを利用できるでしょう。

リフォーム

賃貸物件を退出する際

現状復帰は賃貸物件に退去する際の原状復帰の言葉が間違って使われているもので、正しくは原状復帰を意味します。これは入居時の状態に退出時に戻す事を指しますが、国土交通省がトラブル防止でガイドラインを制定していますので、しっかり確認する他、賃貸契約書も十分理解しておく事が重要です。

作業員

原状回復は業者に任せよう

現状復帰の業者は、古いものをきれいに取り去り下地処理などをきちんと行っているため、耐久性が高く美しい仕上がりになります。また、業者は現状復帰工事を行う際に保証書を発行したりアフターサービスを行ったりしています。ですから、多少費用がかかっても業者に依頼したほうが安心といえます。

部屋

退去時の物件クリーニング

現状復帰は入居者が退出時に行いますが、経年劣化や床のへこみなどは大家さんが引き受けることになります。部屋の状況によっては単なる現状復帰でなく、リノベーションを行う方がいいこともありますので、両方を一緒に引き受けてくれる業者を選ぶといいでしょう。

作業員

元に戻してから退去

現状復帰は退去時に元の状態に戻しておくことをさします。設備は撤去し、家具家電などはすべて運び出すのが基本です。事業用物件では業者に依頼することも多いですがたいていは貸し主指定業者を利用する必要があります。高額なことも多いのですが貸し主にはメリットが大きいためです。

部屋を元通りにづる行為

工具

価格と信頼性で業者選び

アパートやマンションなどを賃貸で借りる際、契約の中に原状回復があります。原状回復とは、賃借人が賃貸人に契約終了時に部屋を明け渡す際、借りた時の状態に現状を復帰する義務を負う事を意味します。そして、賃借人が借りた時に現状を回復させる行為を現状復帰と言います。不動産の賃貸において使用感のある部屋は入居者が低くなり、入居者が見つからず空き部屋となってしまうリスクを賃貸人は負ってしまいます。また、賃借人においては契約上で現状復帰義務を負っている為、適当に済ます事は出来ません。従って、原状回復は不動産賃貸において重要なポイントとなります。部屋を長く借りると汚れやシミ、傷など、明け渡しをされた時の状態からはほど遠い状態になってしまう事も多々ありますが、これらを回復させなくてはなりません。従って、ほとんどの場合に現状復帰専門業者を依頼して部屋の回復を行う事となります。現状復帰業者は全国的に増えており、見つからずに困る様な事はありません。しかし、業者によってサービスや料金体制に違いがあるので注意が必要です。特に個人で支払いする様な場合には、出来るだけ出費を抑えつつ、丁寧な作業をしてくれる業者を選ぶ必要が求められます。また、現状復帰作業を経験する事は少なく、工事費用の相場などが解らないと考えられます。その為にも複数の業者から見積もりを必ず取り、修復費用の相場を把握しなければなりません。けして一社だけの見積もりで済ませず、価格とサービス、信頼性を考慮して業者を選ぶことが大切です。

Copyright© 2018 現状復帰の依頼先探しの手引き【信頼性を考慮して業者を選ぶ】 All Rights Reserved.